本文へスキップ

刷毛の味わいを楽しむ塗り 長野市 小林塗装

電話でのお問い合わせはTEL.026-241-3483

タップでかかります。TEL.026-241-3483

アンティークantique

築年数150年の古民家を、塗装の力を利用して、気品ある空間を再生させることができた家屋です。
内部外部の塗替えで、古材の強さと風合いを活かすため、自然塗料とチークオイルで仕上げ、素材の良さを引き出しています。

キッチンテーブル天板の塗装

アンティークの塗装

今回ご依頼いただいたのは、キッチンテーブルの天板の塗装です。
正直、傷や汚れが深くまで行ってしまっていると難しいのですが、サンダーをかけた感じでは重症ではないようです。

汚れた所をきれいに削り取り、塗っていきます。用途がキッチンテーブルという家具の中でも比較的日常頻繁に使われるものなので、汚れても簡単に掃除できることが求められます。

ラックニスで下塗りをし、そのあとペーパー掛けをしてちょっといい感じに木目も出ました。
そのあと、ウレテイトという塗料を使い、今度は耐水ペーパーで研磨を3回しました。

・ラックニスは、下塗りとして使い。本塗装の塗料がしみこまないようにします。
・ウレテイトは、密着性・耐摩耗性・環境対応・シックハウス対応の塗料なので、こういった日常使用の家具には適しています。
いい感じに艶も出て、木目もはっきりと出せました。
お客様は大変ご満足いただいたので良かったです。
なんでも、亡くなられたお母さまと一緒に家具店で購入し、またなくなったペットの噛み跡も足に残っており、思い出がいっぱいのキッチンテーブルなのだそうです。 喜んで頂いてこちらもうれしくなりました。


玄関エントランス

神社イメージ

今までの玄関の趣きを損なわないようにして、引き戸と欄間を新しく作り替えた。
杉材で作られた引き戸と欄間が、残した柱や梁(はり)との違和感がおきないよう、耐久性も考え、自然塗料とチークオイルで仕上げました。
20年ほど経ちますが、気品ただよう雰囲気は失われていません。


室内の雰囲気にも気品がただよう

仏閣のイメージ

梁(はり)や柱は、洗って汚れを取り除き、自然塗料のリボスを塗っては拭き取る作業をくり返し、ムラが残らないよう仕上げました。
壁は漆喰(しっくい)で、室内の雰囲気にも気品がただよう。


現代風の中にも使われる自然塗料

家庭のイメージ

自然塗料は、今風の部屋づくりにも多用されています。化学塗料と違い、なにせシックハウス障害の心配がないのですから。
そして、自然塗料は工夫と選び方で、アンティーク調やヴィンテージ感を作り出してくれます。


アンティークの塗装

アンティークの塗装

家具、調度品をアンティーク調の塗装技術で再生して楽しむ趣向が高まっています。
ベタつくような油性塗料ではなく、チークオイルやプリマ油を使い、顔料で色合いを整え、素材の持つ、木目や肌ざわりなどを生かして、再生させる。
普段から使い古した家具や調度品が、この塗装技術でよみがえった時の歓びは、格別なものがあるといってよいでしょう。


長野市小林塗装・店舗写真

information店舗情報

小林塗装

〒380-0802
長野市上松3-2-45
TEL.026-241-3483
FAX.026-241-3483
休業.土日祝
営業時間.8:30~17:30
recruit